予備校を使って英語力をアップ

仕事で英語力が求められることも増えて来ました

技術系に勤めているのですが、資料の中には英文の仕様書も多くあり、英語力が求められることも増えて来ました。
さらに取引先の会社の中には海外の企業も含まれており、こうした会社とのメールのやり取りは英文メールが主体ですから、そこに書かれている内容を把握するための能力、記載内容に対するレスポンスなどが要求されるなど、今まで以上の努力が必要になって来たのです。
日常英会話などのスキルはある程度あるものの、英文メールが届くと最初に内容についての確認、これに対するレスポンスを速やかに行う必要があります。
仮に、日本語で書かれたメールであれば内容を確認した上ですぐに返事を送ることができるのですが、英文メールともなると間にワンクッションが必要であり、専門的な用語が多い世界などからもレスポンスが遅れてしまうなど、相手から催促のメールが届くことも少なくありません。
大学に通っている時に英語力は身に付けており、ある程度の会話であれば難なくできるなどからも、特別予備校などに通って学ぶ必要は感じたことがありませんでした。
しかし、現代はグローバル社会、受信したメールの内容は日本語と同じように速やかに把握が必要ですし、日本語でメールを送るのと同じように英文でのメール送信が求められるようになって来ており、このままでは仕事への支障をきたすなどの危機感も感じるようになって来ました。
予備校に通ってスキルアップを考えた時、大半の学校がTOEIC対策や英検対策などのような資格取得が中心になっていることでした。
スキルを上げるためにはこうした目的を持つことも大切かと思いますが、自分の場合はビジネスをより簡潔にできるための能力を身につけたい、その能力とは技術的なことに対する英語力ですから、TOEIC対策や英検対策などで人気を持つ予備校に通ってもあまり意味がないと思いました。

仕事で英語力が求められることも増えて来ました / ビジネスに役立つ英語を学べる予備校に通い始めた / 成果としては、学校に通う以前と比べると力がついてきた